ムダ毛が気になる?自分でできる処理方法と部位別の対策まとめ!

ムダ毛が気になる?自分でできる処理方法と部位別の対策まとめ!

スポンサードリンク

pairs

多くの女性が悩むムダ毛処理。毎度伸びてくるたびに時間をかけて処理するのはなかなか大変です。

また、ムダ毛処理の方法は世の中にたくさんありますが、「どれが自分にとって最適な方法なのか?」は意外と分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ムダ毛処理の方法を見直したい女性や、自分に合ったムダ毛処理の方法を学びたいと考えている女性に向けて、ムダ毛処理に関する様々な方法や知識をすべて解説しています。

この記事を読むことで、これまで何となくおこなってきたムダ毛処理にかなり詳しくなることができるでしょう。それは、最終的に自分の魅力をアップさせることにも繋がります。

今回の記事を参考に、より魅力的な自分を目指していきましょうね。

 

\ もくじ /

ムダ毛が多い人の悩みは?

ムダ毛が多い人の悩み

女性どうしでもなかなか「毛深い」「ムダ毛が気になる」という話を共有することは難しいですよね。しかし、欠かせないエチケットでもあるムダ毛処理や、自分のムダ毛事情に困っている人や悩んでいる人も多いはず。

ここでは、ムダ毛に悩む女性の具体的な課題を一緒に見ていきましょう。

1 もともと毛深いため処理に手間がかかる

毛が薄い人を羨ましいと感じる気持ち、とても分かります。もともと毛深い人は、毛を処理すること自体に時間がかかり、サボってしまいがちです。

手間がかかるため、細かい点は見て見ぬふり…なんてことも。

2 剃るたびに肌が荒れる

肌が弱く、剃るたびに肌が荒れてしまう人も多いのではないでしょうか。

他の人が試しているようなムダ毛処理の方法ではどうしても肌が荒れてしまい、処理する前より肌の状態がひどくなってしまうこともありますよね。

3 埋没毛などが出てきて上手く自分で処理できない

埋没毛(肌の中に埋まっている毛)の処理の仕方がよく分からなかったり、色々な方法を試しているのになかなか上手く処理できない人も多いのではないでしょうか。

自分でムダ毛を処理するだけでは解決できない悩みもあるため、あまりムリはできない埋没毛。悩まされている人も多いでしょう。


ほかにも、もっと細かな悩みや課題を抱えている女性はたくさんいると思います。自己処理には様々な注意点や方法がありますし、サロンを使った脱毛という方法もあります。

今、なかなかムダ毛処理が上手くいってなくても、諦める必要はありません。

ムダ毛は最低限のエチケットという扱いですが、悩まされる人は結構多いのです。

この記事では、ムダ毛処理にまつわる様々な方法や知識をご紹介しているので、先ほどのようなムダ毛処理の悩みを持っている人は、ぜひ最後まで参考にしてくださいね。

 

ムダ毛処理をしないことのデメリット

ムダ毛処理をしないことのデメリット

「どうせ見せる機会なんてないし、サボってもいいかも…」と感じてしまうことは多いはずです。

処理するのに時間がかかったり、あまりムダ毛処理をする必要性を感じない場合には、余計にモチベーションも下がってしまいます。

しかし、ムダ毛処理をすることにはメリットもあります。ここでは、「ムダ毛処理なんて、別にしなくていいでしょ」と考えてしまいがちな人と一緒に、ムダ毛処理のメリットについてみていきます。

1 最低限の女性のマナーである

ムダ毛処理は「最低限のマナー」と言われることが多いです。街中で脚や腕、首筋などのケアをきちんと行っている人ばかりですよね。

あえて毛を剃らないという文化の流れは、アメリカなど海外でも少しずつ出始めています。

しかし、時代の最先端なのかは分かりませんし、日常生活を過ごす上ではどうしてもマナーの一環としてムダ毛処理をしなければいけませんね。

しかし、裏を返せばムダ毛処理をきちんとしておくことは、あなたの外見の評価や魅力をアップさせることに繋がるともいえるのではないでしょうか。

 

2 男性や子どもでもムダ毛に気を遣う時代だから

女性のみならず、男性や子どもでもムダ毛に気を遣う時代がやってきています。特に、男性でも全身脱毛をしてしまう人が増えてきていますよね。

個々人の好みにもよりますが、一般的には脚や腕、脇などに余計な毛が生えていないほうが「キレイ」に見えることもあるかもしれません。

そうした流れになっていく中で、あなたの魅力を十分に発揮するためには「ムダ毛処理」を丁寧におこなうことが大切になってきます。


ムダ毛処理は、メリットというよりも「最低限やるべきこと」に含まれているといえます。しかし、日常の中で少しでも自分をかわいく魅力的に見せたいのであれば、外見を変えることも大切です。

ムダ毛処理は自分に合った方法を選べば、時間をかけずに済むこともあります。あなたにあったムダ毛処理の方法を見つけていきましょう。

 

脱毛やムダ毛処理の前に実践できること

脱毛やムダ毛処理の前に実践できること

ムダ毛処理や脱毛を実際にするかどうかに関わらず、なかなかムダ毛処理が上手くいかない人が実践できる対策には様々なものがあります。

ここでは、ムダ毛処理以外の方法で、あなたの魅力を半減させないための方法を見ていきましょう。

1 脚が人目につく服装を控える

ムダ毛が映えてくる部位で最も目立つのは、「脚」ですよね。脇や首筋ならまだ隠せますが、スカートをハイていると絶対に脚は見えてしまいます。

ファッションを変えると言う名目で、ロングスカートやパンツを履きこなすコーデを試してみるのもありかもしれません。

ムダ毛処理の時間がないときや、少し面倒になってしまったときのために、脚を隠せるファッションアイテムを準備しておくこともひとつの方法です。

2 人と触れ合う機会があるときのみムダ毛処理をする

いくらムダ毛処理が大切とはいっても、人と触れ合うこと(特に彼氏など)がない場合にはムダ毛処理をいっそのことサボってしまうという方法もあります。

定期的な習慣になってしまうと、「やらないと気がすまない」と感じている人も多いと思います。しかし、あえて「今日は絶対に脚を見せない」などと決めてしまえば、その分あなたの負担も減りますよね。

生活の中で、ムダ毛処理をする必要のないスケジュールを立ててしまうこともひとつの方法です。

3 抑毛剤(毛の生えるスピードを遅くするもの)を使う

抑毛剤とは、毛の生えるスピードを遅くするローションのことを指します。

塗るだけでまったく毛が生えてこなくなるわけではありませんが、毛が伸びてくるスピードが遅くなる効果が期待できます。

「毛が生えるのが速い」と感じている人は、こういった便利グッズを活用することもアリでしょう。

4 脚を露出するシーズンだけムダ毛処理をする

脚を露出するシーズンは「春〜秋」である場合がほとんどです。その季節だけムダ毛処理をして、冬は思い切ってスカートを履かないなどと決めておくと良いでしょう。

もちろん、冬であっても露出する機会があると思うので、注意が必要です。


ムダ毛処理以外の方法で、ムダ毛を気にする回数を減らしたり、工夫してムダ毛処理をしなくてもよい状況を作るなどの考え方は、負担を減らす上でとても重要です。

「いつもきちんと処理するべき!」という考え方も大切ですが、もし少し負担に感じているのであれば、適度に自分を甘やかせる工夫をしてみるのも大切ですよ。

 

ムダ毛処理で大変なことはどんなこと?

ムダ毛処理で大変なこと

ムダ毛処理で大変なことはどんなことでしょうか?

ムダ毛の多さに悩むことはなくても「ムダ毛処理って大変だ」と思うときはたくさんありますよね。ここでは、ムダ毛処理に関して大変と感じるタイミングや課題をご紹介していきます。

1 自分に合った方法が分からない

ムダ毛処理の方法には様々なものがあります。「毛を剃る」「毛を抜く」「脱毛してしまう」などといったムダ毛処理のやり方のうち、どれがイチバン自分に合っているのかが分からない人も多いのではないでしょうか。

どれが自分に合うのかは、結局のところ試してみないと分からないことも多いです。

しかし、イチバン時間をかけずに済むのは「脱毛サロンで脱毛する」という方法です。脱毛サロンについてはこの記事の後半でもご紹介していますので、参考にしてみましょう。

2 意外と費用がかかることもある

自己処理で何とかムダ毛を処理しようとしても、肌荒れがひどくならないように気をつけたり、キレイに剃るために道具を揃えたり…と、意外とムダ毛処理に費用がかかってしまうことも多いです。

しかし、自分に合ったムダ毛処理の方法がわかれば、そのやり方にしぼって安く済む方法を見つけたり、時間をかけずに済む方法を工夫したりすることができます。

3 いろいろな部位に注意する必要がある

ムダ毛処理といっても、様々な部位ごとにどんな方法でムダ毛処理をするかは異なる場合があります。

また、部位によってデリケートな部分があったりすると、すべての部位を同じ方法で処理できないといった悩みが発生する場合もあるでしょう。

 

部位ごとに最適な処理の方法を見つけて、自分でそれをしっかり知っておくことが大切です。


ムダ毛処理は手間も費用も時間もかかり、処理の仕方にも個人差があるため、悩みを共有することもなかなか難しいのが現実です。

しかし、自分にとってどんな処理方法がイチバン肌にダメージが少ないのか、時間がかからないのか、といったポイントを自分で知っておくことが大切であることに違いはありません。

 

部位ごとのムダ毛処理のやり方

部位ごとのムダ毛処理のやり方

ムダ毛処理は、部位によって方法・やり方などに大きな違いがありますが、意識せずに何となく処理していた人も多いのではないでしょうか?

ここでは、部位ごとのムダ毛処理の注意点ややり方をご紹介していきます。気になる部位からぜひ参考にしてください。

1 脇のムダ毛処理

自己処理で脇のムダ毛を処理するのにイチバン最適な方法は「電気シェーバー」を使ったムダ毛処理です。

カミソリほどよく剃れるわけではありませんが、肌に対するダメージが少なく、ワキの肌があれがちな人におすすめできます。

2 脚のムダ毛処理

脚はポツポツした毛がとても見えやすく目立ちやすい部位なので、カミソリを使用してできる限り剃ることがイチバン良い方法です。

しかし、肌が荒れてかゆくなってしまったり、傷がついてしまうなどのキケンがあります。電気シェーバーで優しく剃ってあげると、肌が弱い人にとって良い方法です。

3 腕のムダ毛処理

腕のムダ毛処理も脚と同様の方法で大丈夫ですが、注意すべきなのは処理する範囲。ひじよりも上の部分は見えないと思いがちですが、スマホを操作しているときや腕を上げたときに少し見える時があります。

こちらも、剃りにくい場所ではありますが裏側まできちんと剃ることが大切です。

4 アンダーヘア(V.I.Oライン)

アンダーヘアはカットすると下着に当たってしまいチクチクすることが多いですよね。また、デリケートな部位であるため「どのくらいまで剃るべきなのか?」が分かりづらいところでもあります。

基本的には、下着からはみ出さない程度にカットしたり、生理の時に気にならない程度におさえておけばOK。デリケートな部位なので、肌を傷つけないように電気シェーバーを使用することがベストです。

5 体の前面

体の前面は胸とお腹の産毛に注意しましょう。日常生活ではあまり意識する必要はありませんが、産毛は海水浴やプールなど水に濡れたときにまとまり見えやすくなります。

いつも処理する必要はありませんが、イベント前には必ず処理しておきましょう。カミソリなどで優しく剃ってあげれば、肌にあまり負担をかけずに処理することができます。

6 身体の背面

身体の背面は自分だけで処理するのがとても難しい部位なので、気になる濃さの人はできるだけ脱毛サロンで処理することをおすすめします。

自己処理で済ませたい方は「トリマー」を使用します。合わせ鏡で少しずつ剃っていけば、ケアすることができるでしょう。

7 顔

顔の産毛が濃いめの人は、カミソリで頻繁に剃りすぎると逆効果になる場合が多いため、処理する頻度に注意が必要です。

一方、処理を怠ると影や毛の色でくすんでみえてしまうこともあります。気になるレベルの産毛であれば、脱毛を利用することがベストです。

「脱毛」をやることのメリット

「脱毛」をやることのメリット

自己処理の方法については先ほどまで解説していきましたが、自己処理だけではどうしても限界があることが多いようです。

そのため、肌にダメージを与えずにムダ毛処理を行いたい場合には「脱毛」を試してみることもひとつの方法です。

ここでは、「脱毛」のメリットを解説していきます。

1 「毛抜き」よりも脱毛は効果がある

「剃る」以外でムダ毛処理をおこなう方法としては「毛抜き」があります、ピンセットで気になる部位を処理していく方法です。

剃るよりも毛が残らないため、時間をかければ綺麗にできることも多いですが、肌にダメージを与えてしまいますし、映えてきたらまた同じ作業を繰り返す必要があるため、あまり良い方法とはいえません。

脱毛であれば、毛が薄くなり自己処理の回数が劇的に減るため、毛抜きなどの方法を取らなくて済みます。

2 毛を薄くすることもできる

脱毛を一定以上通うことで、そもそも映えてくる毛の量や頻度を少なくすることができます。

日頃、ムダ毛処理に時間がかかっている人や、「面倒だ」と感じている人は、脱毛することで毛を薄くすることができます。

また、毛深い人の悩みも解消できるでしょう。

3 意外と金額がかからない

脱毛サロンはお金がかかると言うイメージがあるかもしれませんが、下記でご紹介しているサロンでは脱毛を完了するまで500円ほどと安い金額で脱毛することができます。

むしろ、ムダ毛処理をかなりの頻度で繰り返すほうが、買い足すアイテムなどが多くトータルで消費するお金が増えてしまうでしょう。

4 自己処理が簡単な部位と難しい部位がある

自己処理が比較的しやすい部位と難しい部位があるため、ムダ毛処理は全体のバランスが悪くなりがちです。

ムダ毛処理が簡単な部位と難しい部位は以下の通りです。

ムダ毛処理が簡単な部位
  • 肌の強い部分
  • 毛が薄く目立たない部位
  • 頻繁に毛が生えてこない部位
ムダ毛処理が難しい部位
  • 脇やひじ、ひざ、背中や腰など手が届きにくい部位
  • 顔などデリケートな部位
  • デリケートゾーンなどの失敗できない部位

手が届きにくい部分だけ脱毛し、自己処理が簡単な部位については自分でするという方法もあります。難しい部位だけでも脱毛することをおすすめします。

 

「脱毛サロン」のおすすめTOP2!

ここでは、おすすめの脱毛サロンを2つご紹介しています。それぞれキャンペーンや価格が異なるので、ご紹介する内容をもとに自分に合った脱毛サロンを見つけてみてくださいね。

1 ミュゼ|プランを自分で選べる!

ミュゼプラチナム

出典:http://museeplatinum-af.com/

自分の脱毛したい部位に併せてプランを選ぶことができる大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。最大の特徴は他店舗展開による利用のしやすさです。

全国各地に店舗があるため、自宅から近い店舗を探してネットで予約をすることができます。

キャンペーン内容は時期によって変わりますが、初回価格は500円ほどと格安です。

 

2 キレイモ|無料カウンセリングから始められる!

キレイモ

出典:https://kireimo.jp/

全身まるごと脱毛したいなら「キレイモ」がおすすめです。

一度の施術で脱毛を利用することができ、何度も通いたくないという人も気軽に利用することができます。

キャンペーン内容によって料金は変化しますが、開催されるキャンペーンが多いため、初回者無料などの時期に利用することをおすすめします。

 

おわりに|時間がないならサロンで脱毛がおすすめ♪

おわりに|時間がないならサロンで脱毛がおすすめ♪

今回は、ムダ毛の多さやムダ毛処理に悩みを抱えている女性に向けて、自己処理の注意点や方法、脱毛のメリットなどをご紹介してきました。

結論としては、ムダ毛処理は難しい部分を優先的に脱毛することをイチバンにおすすめします。時間をかけず、身体を定期的にきれいに保つためには、利用できるものはどんどんチャレンジしていきましょう。

今回の記事を参考にして頂き、ムダ毛処理の悩みから解放されましょう!

スポンサードリンク


pairs2

pairs