女子の「自分磨き」の方法まとめ!魅力ある存在になるための全知識

スポンサードリンク

pairs

恋愛でも仕事でも、「自分に自信がない」と感じる女性はとても多いのではないでしょうか。この記事を読んでいるあなたも、「自分に自信がありますか?」と聞かれたら、ついおし黙ってしまうはず。自分の周りにいる「女子力が高い女子」「なぜかモテる女子」を羨んでしまいつつも、「自分とはもともと違うんだ」と、諦めている方もたくさんいると思います。

また、一方で自分に自信を持とうとすると、「周りから冷やかされたり、バカにされたりするのが怖い」と考えてしまいますよね。

しかし、自分磨きにはたくさんの方法がありますし、簡単なことから実践できることも少なくありません。まずは、自分磨きにどんな方法があるのかを知ることから始めるのはどうでしょうか?

今回は、自分に自信がないと感じる女性向けに、いろいろな方法を試しては失敗を繰り返してきた筆者が、「女子の自分磨きの方法」として効果があるものをぜんぶ、惜しみなくご紹介していきます。

あなたの魅力を最大限発揮できるチャンスは、この記事にきっとあります。ぜひ参考にしてくださいね。

 

\ もくじ /

「自分磨き」とは?|恋愛だけではなく人として魅力的になる

「自分磨き」とは?

「自分磨き」とは、具体的にはどのような行動のことをいうのでしょうか?

まずは、辞書的な意味合いから「自分磨き」の意味についてみていきます。

主に異性に良く見られたいなどの目的で、自分の魅力を高める努力をすることを意味する語。具体的には、ダイエットや習い事に精を出すことを指すことが多い。ほぼ専ら、女性の行動を指して用いられる。

引用:自分磨き – Weblio辞書

「自分磨き」とは、自分が気になっている人に振り向いてもらったり、周囲の人から高く評価されることを目指し、女性として、人として魅力的になるためのいろいろな行動のことを言います。

「自分磨き」というと、ダイエットをするなどの外見面ばかりに気を取られがちです。でも、それだけではなく、性格や考え方などの内面を磨くことも大切です。

また、自分磨きは決して「恋愛」に限ったことではありません。新しい学校や職場に入る前に自分磨きを始める人もたくさんいます。

  • 「あの人、大学に入ってから変わったよな」
  • 「この人、働き始めたあたりからどんどんキレイになっていってるな」

そう感じる人は、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?

自分磨きは、異性だけではなく、同じ女性にも尊敬されたり、魅力的だと思われたりするキッカケになります。

もしあなたが今の自分に自信がなかったり、もっと外見・内面を魅力的にしたいと感じるのであれば、自分磨きを始めるべきでしょう。

 

「自分磨き」はなぜ必要なの?|あなたの魅力を高めるべき理由

「自分磨き」はなぜ必要なの?

自分磨きを始めることで、恋愛を始め、交友関係や仕事など様々な面でメリットがあります。

しかし、一方で「面倒だからやりたくない」「自分磨きなんて必要ない」と少なからず感じている人も多いでしょう。確かに、あまり必要と思わない気持ちも分かります。

ここでは、自分磨きをすることの必要性を解説していきます。

あなたがもし、「自分磨きをする必要があるの?」と疑問に思っているのであれば、目を通してみてくださいね。

 

1 男性が求める女性像があるから

女性が男性に対してそうであるように、男性にも「求める女性像」は必ずあります。もし、恋愛で意中の人がいるなら、その人の好みを知り、自分もそうなっていく努力しようと思えます。

しかし、男性の一方的な思いにムリに合わせることが「自分磨き」というわけではありません。私が聞いたところによると、一般的な男性が女性に求めることは下記の通りです。

  1. 精神的に自立している人
  2. 考えていることに芯がある人
  3. 外見も中身も可愛い・キレイな人

外見や中身(性格)がしっかりしていることは当たり前ですが、外見・中身は自分磨きで今よりも良くすることができます。(本当です!)

それよりも、意外なのは「精神的に自立している人」や「考えていることに芯がある人」という理想像ですよね。

自分磨きでは、精神的な面・考え方の面などを鍛えることでもあります。恋愛のために自分磨きをするなら、覚えておきたいことですね。

 

2 恋愛のメリットが大きいから

「自分磨き」は、恋愛に大きなメリットがあります。

自分磨きは、今回の記事でもご紹介するように、いろいろな方法がありますが、どれも、あなたという人物を魅力的にする点では変わりありません。

そういえば、「恋愛する」ために必要なことがどんなことか、あなたは考えたことがあるでしょうか?

恋愛は、「恋愛する相手」がいないことには始まりません。そして、相手を呼び寄せるためには、「チャンス」「自分の魅力」の2つが必要です。

そして、自分磨きはそのどちらもつかむことに繋がります。

 

3 食生活・生活習慣が良くなるから

自分磨きには、ダイエットやスタイル維持のためのエクササイズ、そして睡眠やストレス解消など、「食生活」「生活習慣」を大きく変えることも含みます。

たとえば、「自分磨き」という言葉を使っていなくても、大きな減量・ダイエットを成功させた人の経験談では、「前よりも人生が楽しくなった」という感想が多いですよね。

自分磨きをすることで、生活習慣を良くすることにも繋がります。

ただ生活を良くしようと思っても、目標がなければなかなか続かないもの。自分磨きを始める大きなメリットがありますね。

 

4 仕事面でもうまくいくことが多いから

自分磨きは、ヘアスタイルや身体の体型の維持、メイクやファッションに気を遣うことのほかに、「内面」「考え方」を磨くことでもあります。

仕事で人間関係が上手くいかなかったり、頭が働かなくなったり…という悩みは誰でも抱くものですが、自分自身の内面から解決できることもあります。

恋愛面だけではなく、仕事や生活全般の運気を上げるためにも、自分磨きは大切です。

 

「自分磨き」を始めるみんなのキッカケ|恋愛から新生活まで!

「自分磨き」を始めるみんなのキッカケ

「自分磨きは大切」「自分磨きは重要」と言われても、実際に始めるキッカケをつかめない人は多いと思います。

自分磨きを始めるキッカケが自分にあるのかどうかを知ることが大切ですよね。

自分磨きを始める人は、下記で紹介しているような人です。

あなたに当てはまっているかどうかをチェックしてみましょう。

1 恋愛

「自分磨き」を始めるイチバンのキッカケは、「恋愛」について悩んだり、考えたりすることの多い人です。

「すでに好きな人がいる」「気になる人がいる」という場合だけではなく、「モテたい」「魅力的だと思われたい」と考えている方も、恋愛をキッカケに自分磨きを始めます。

友達にはなかなか「モテたいから自分磨きをする」とは言いづらいのですが、自分に自信を持つために自分磨きを始めるのは間違いではありません。

むしろ、あなたという人物が成長するために、かなり大切なことだといえるでしょう。

 

2 失恋

「失恋」をキッカケに自分磨きを始める人もいます。

失恋をキッカケに自分磨きを始める人の中にも、細かな動機はいろいろです。

たとえば、「振った相手を見返してやりたい」という思いで始める人がいる一方で、「新しい恋愛を始める準備をしたい」という考えで自分磨きを始める人もいるでしょう。

どちらの場合でも、失恋が自分磨きの大きなキッカケになることは間違いありません。

むしろ、「自分には魅力がない」とネガティブになってしまうより良いことだといえるのではないでしょうか。

 

3 復縁

「以前別れたカレと復縁したい」というケースは、あまり多いパターンではありません。しかし、復縁を目指して自分磨きをする人も多いようです。

もちろん、以前付き合っていた人だけではなく、「一度告白して断られた相手」にも当てはまるのではないでしょうか。

一度断られたり、別れたりした以上は、自分の魅力を高めるために努力するしか道はありませんよね。だからこそ、復縁するための自分磨きは大切です。

 

4 新生活の始まり

1〜3は、主として「恋愛」にまつわる自分磨きのキッカケでした。しかし、恋愛以外をキッカケとして自分磨きを始める人も多いようです。

たとえば、高校や大学への入学、新社会人になるとき、転職先などなど「新生活の始まり」で自分の魅力を高めようとする人もいます。

新生活の始まりとともに自分磨きを始めることは、そうでない場合に比べてとてもやりやすいです。

なぜなら、これまでと人間関係が変わるため「あの人急に変わったな」という印象を持たれずに済むからです。

もしあなたが新生活を始めたばかりだったり、これから新生活が始まる予定だったりする場合は、これから自分磨きをするチャンスだといえるでしょう。


ここまで、「自分磨き」をするキッカケをいろいろなケースから見てきました。

自分磨きは、誰かのためではなくあなた自身のため。「何かに矯正されて仕方なくやっている」という感覚では、なかなか自分磨きは長続きしません。

自分の納得できるキッカケで自分磨きを始めることが大切ですよ。

 

「自分磨き」と「女子力」の違いは?|「女子力=魅力」ではない!

「自分磨き」と「女子力」の違いは?

「自分磨き」をこれから始めようとしている人の中には、「結局、自分磨きって自己啓発や女子力と何が違うの?」という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

特に、「女性の自分磨き」と「女子力を高める」が同じなのでは?…と感じる人は多いでしょう。

簡単に説明してしまうと、「自分磨き」と「女子力」には下記のような違いがあります。

「自分磨き」の意味

自分の魅力を高めるために、「内面」「外見」の両方の質を高めていくこと。具体的な方法にはたくさんのものがある。たとえば、「ファッションの流行を調べて実践する」「ライフスタイルを変える」「食生活を改善する」「資格勉強をする」「気配りやマナーを学ぶ」など。

「女子力」の意味

女性として魅力的だと思われるように「ふるまい方」「話し方・言葉遣い」「流行のファッションを取り入れる」などの具体的な行動をしていくこと。

太字にしている部分をもう一度読んでみましょう。2つの言葉の意味が、ぜんぜん違うことが分かりますよね。

「女子力が高い」というと、たとえば言葉遣いやファッションなどを「外見・仕草を通して多くの人にウケる」ようにすることを指します。

一方で、「自分磨きをする」とは、「人として魅力的になるために外見や内面を見直す」ことを指します。

つまり、自分磨きのひとつとして「女子力を高くする」ということはありえますが、その逆はありません。女子力が高くても、自分を磨けていない人はたくさんいます。

この2つの意味合いの違いをよく知っておくことは、失敗しない自分磨きをする上でとても大切になります。

 

「自分磨き」のメリット・デメリット|どんな良いことがあるの?

「自分磨き」のメリット・デメリット

自分磨きは、自分自身に「自信」を持つために必要です。また、恋愛や生活、仕事にも良い影響を与えます。

しかし、自分磨きのためには「時間と努力」が必要です。そのため、メリットがある反面デメリットもあります。

ここでは、「自分磨き」をするうえでどんなメリット・デメリットがあるのかを整理していきます。

自分磨きのメリット

自分磨きのメリットを整理すると、次の3つになります。

1 恋愛成就

恋愛を成功させるためには、「チャンス」「あなたの魅力」の2つが必要です。そして、自分磨きはその2つの両方を高めるための方法になります。

自分磨きは「その場しのぎのテクニック」ではないため、今後の人生でも大きく役に立つものになるでしょう。

 

2 他人から尊敬される

自分磨きは、女性として以上に「人として」成長することに繋がります。よって、男性・女性を問わず、「他人から尊敬される」ことが増えます。

他人から尊敬されることは、学生さんだとあまりイメージが持てないかもしれませんが、人と信頼関係を作ったり、部活や委員会など、人とのチームワークが大切なケースでも上手くいくことが多いのです。

社会人であれば、尊敬されることであなたの立場や考え方に同意してくれる人も増えます。

人間関係を上手く作っていく上でも、他人から尊敬されるのは大切なことなのです。

 

3 女子力もUPする

自分磨きと女子力は似ていますが、この2つは違う意味合いを持つものです。

しかし、自分磨きをすることで、うわべだけではない本当の「女子力」を身につけることにも繋がります。

たとえば、あなたの周りの「女子力が高い」と言われている人の特徴を考えてみると、「気配りができる」「優しい」「気が利く」「見た目に気を使っている」といったことが挙げられますよね。

こういった女子力は、ただマネをするだけでは限界があります。

自分の内面から変えていくことや、自分に自信を持つことによって、周囲の人達を気づかえる余裕が生まれてきます。

 

自分磨きのデメリット

下記では、3つの「自分磨き」のデメリットをご紹介しています。

1 時間がない・忙しい

自分磨きには、後ほど解説するようにいろいろな方法・やり方があります。

ですので、毎日の習慣の中で注意していくにあたって、「時間がない」「忙しくて自分磨きなんて言ってられない」という悩みを持ちやすいのです。

しかし、自分磨きは自分のできる範囲でやっていくことが大切。

自分のペースでできることにしぼって自分磨きを実践していきましょう。

 

2 途中で諦めてしまう

自分磨きに限らず、何事にも「途中で諦めてしまう」ことが多い人はたくさんいます。

自分磨きでいろいろな方法を試すにあたって、なかなか長く続かないことが増えるかもしれません。しかし、心配しすぎる必要はありません。

「途中で諦めてしまう」…そんな自分にも自信が持てるようにするための方法はたくさんあります。

まずは、自分が簡単にできそうなものや、すぐに試せるものから実践していくことが大切です。

 

3 そもそも自分に自信がない

自分磨きを続けていくためには、そもそも「自分はもっと良くなるはずだ」というポジティブな考えができている必要があります。

なかには、「自分磨きをする自信すらないから、やりたくない」と考えている人もいると思います。

しかし、たとえばこれまでまったくメイクをしていなかった人が突然高度なテクニックを実践するなど、知らないことを自信を持ってやるのは難しいですよね。

自分にできないことがたくさんあるときは、人は不安になりがちです。

こういう場合は、まず自分が得意なことから先にやり始めることが大切です。

たとえば、「これまでずっと勉強ばっかりしてきた」という人であれば、読書や資格勉強などから、自分磨きを始めるべきでしょう。

やり方はたくさんあるので、自分に自信を持ちやすいことから自分磨きを始めるのが大切です。

 

自分磨きの方法・やり方|外見編

自分磨きの方法|外見編

自分磨きには様々な方法・やり方があります。そのうち、最も見た目に現れるのは「外見」の自分磨きです。実践することに勇気が入りますが、見た目を大きく変えることに繋がる方法です。

できることから始めていきましょう。

1 美容院を活用する(ヘアスタイルを変える)

外見を磨く一番の方法は、「プロ」のチカラを借りること。ヘアスタイルのプロである美容師に、あなたに似合うヘアスタイルを提案してもらうことは、大切な方法のひとつ。

これまで、こだわった髪型にしたことがない人もいると思いますが、髪型を変えるだけでかなり印象が変わることが多いです。

ただし、最初からどんな髪型が良いかを美容師の人に聴くよりも、自分でなりたいヘアスタイルを決めておくほうが自分好みの髪型を選ぶことができます。

たとえば、髪型を参考にしたり、選びたいときには下記のサイトがおすすめです。

おすすめ:ヘアスタイル・髪型・ヘアカタログ – ホットペッパービューティ

 

2 ダイエットやエクササイズを取り入れる

ダイエットを通して魅力的な体型を目指すことは、自分磨きの中でも特に大きなメリットがあります。

また、太りぎみの女性に限らず、痩せ体型の場合も、少しふっくらするように体型のバランスを取ると良いでしょう。

また、ストレッチや筋トレなどのエクササイズを実践することも大切です。

ランニングやウォーキング、栄養のとり方などを改善することは、ストレス解消やイライラの防止にも繋がります。

 

3 姿勢を正してみる

同じ性格や表情の人でも、座っているときに猫背なのかそうでないのかでずいぶん印象が異なります。もしあなたが姿勢の悪さを自覚しているのであれば、これから改善していくことが大切です。

特に、仕事や学校のときだけではなく、自宅での姿勢を見直すことが大切です。スマホやTVを見ているときの姿勢や、ご飯を食べているときの姿勢などに注意しましょう。

背筋を伸ばし、顔を前に向けるだけでも、明るくポジティブな見た目になります。

 

4 メイク・ファッションを変えてみる

人それぞれ、毎回使っているコスメやファッションアイテムがあるのではないでしょうか?

一番簡単な方法として、いつも使っているアイテムを変えてみることは、自分磨きの方法のひとつです。

といっても、「ファッションのことはあまり気にしたことがなかった」という人も多いはず。おしゃれな友達に聞いてみても、自分に合うものを見つけることはなかなか難しいでしょう。

そんなときは、まず「自分の感覚・好みと逆のものを選ぶ」ことにチャレンジしてみることが大切です。

「自分には似合わないかも…」と思ってしまうようなものを取り入れることは勇気が入りますが、思ったよりも周りからの評判が高くなるかもしれません。

もし、不評であれば次から辞めてしまえば良いので、積極的に自分が選ばないものを選んで使ってみましょう。

 

自分磨きの方法・やり方|内面編

自分磨きの方法|内面編

「自分の内面を変える」ことも、自分磨きの方法になります。外見を変えるよりも効果がわかりにくいのですが、自分を根本から変えるためには、内面の改善が欠かせません。

ここでは、内面から自分磨きをする方法をご紹介していきます。

1 教養を身につける(読書・資格や検定など)

教養を身につけ、知的な女性を目指すことも自分磨きになります。

具体的には、読書や資格・検定の取得のための勉強などは、あなたの人としての魅力をUPさせるために効果があります。

また、就職や転職活動でも資格は有利になります。

自分のキャリア(仕事)を選び、自立している女性は魅力ですよね。

今の仕事に直接関係のない資格でも、興味があるものからチャレンジしてみることが大切です。

 

2 ポジティブな考え方に変えてみる

ポジティブ思考ができる女性はなかなかいないのではないでしょうか。

女性は現実的だと言われていますが、現実的であるあまり、「あれが嫌だ」「苦しい」と、ネガティブな考え方によりすぎてしまっていることがあります。

ポジティブな考え方をするためには、どんなことでも「良い面を見る」ように注意することが大切です。

たとえば、「仕事が辛い」と感じているのであれば、「この仕事を通じて学べることはどんなことだろう?」と考えると、辛いことに変わりはないものの、前向きな姿勢になりますよね。

ポジティブな人は、笑顔や表情が曇っていることが少ないため、他人からの評価も好印象になります。逆に、ネガティブなことばかりにとらわれていると、どうしても暗い印象を持たれてしまいます。

あなたの魅力が伝わりやすいようにするためにも、ポジティブにものごとを考えることを大切にしていきましょう。

 

3 気配りや思いやりを意識してみる

気配りや思いやりは、「自然にできる人」もいるのかもしれません。しかし、「人に気を遣うことは疲れる」と思う人もいますよね。

ただし、気配りや思いやりがある人は他人から評価されやすいのも事実です。

気配りや思いやりがなかなかできないと感じる人には、ある原因があります。それは、「誰にでも等しく気配りをしようとしている」ということ。

仕事でよく付き合いがある人や、いつも一緒にいるメンバーなど、いつも近くにいる人から順に気配りをすることが大切です。配慮できる範囲には、限界があります。

ムリをしすぎない程度に、相手の気持ちを考えることを心がけましょうね。

 

4 恋愛は本命に絞っていく

すでに恋愛の相手がいる場合を除いて、今片想いをしている人がいる場合や、誰か良い人がいないか探している人は、本命の好きな人以外にも、気になる人が複数人いる場合も多いのではないでしょうか。

人として決して間違っているわけではありませんが、恋愛は本命に絞るほうが良いのです。

なぜかというと、気配りと同じで、自分がアピールしたり、気遣えたりする範囲には限界があるから。

もし、一番好きだと思える相手がいるのであれば、ほかの異性に意識をあまり向けず、本命にしぼっていくことが大切です。

 

自分磨きの方法・やり方|生活編

自分磨きの方法|生活編

内面・外見に関する自分磨きのほかに大切なのは、「生活習慣・生活態度を見直す」ということ。

外見を変えるだけでも、内面を気にするだけでも同しようもない場合は多いのですが、生活を変えるだけでも心境や体調に良い変化が起きることは多いのです。

ここでは、生活に関する自分磨きの方法をご紹介していきます。

1 お出かけする場所を変える

休日がマンネリ化していると、どうしても考えることや体験できることが狭くなりがちです。特に、特定の趣味の時間を取っている人は、外出で行く場所が固定されていないでしょうか?

気分転換の意味でも、自分の好きなこと・ものを新しく発見する意味でも、外出する場所を変えてみることが良い方法です。

たとえば、いつもは行かない系統の雑貨屋や、ファッションブランド店へ行くことを習慣にすると良いでしょう。

そうすると、いつもは絶対に選ばないものを身に着けることにも、自然と繋がるのではないでしょうか。

自分とは趣味の違う友だちを誘っていくこともひとつの方法です。

 

2 「ありがとう」「ごめんなさい」をハッキリと伝える

アタリマエのことのようで、つい見落としがちなのが「ありがとう」「ごめんなさい」などをハッキリ伝える”礼儀”です。

たとえば、コンビニで買い物をしたとき。無表情で商品を受け取っていないでしょうか? 友達や家族に何かをしてもらったとき、軽くお礼を言うくらいで済ませていないでしょうか?

細かなお礼やあいさつができるだけでも、ひとつひとつのできごとに対して、深く考えられるようになるでしょう。

 

3 食事に気を遣う

食事に気を遣うことは、外見・内面を良くする上でとても重要なこと。しかし、たとえば外見編でダイエットをいくら実践しても、食事に気を遣わなければ限界があります。

また、新しいファッションやメイクに自信ができてきたとしても、食事に気を遣うことができなければ本領発揮することができないかもしれません。

食事に気を遣うといっても、本格的なダイエットをしないのであれば、「間食を少なめに」程度の注意で良いと思います。

また、健康食品や健康に良いと思われる食品を、毎日の食事に取り入れるのも良いでしょう。少しずつ、生活に変化を与えることが大切です。

 

4 習い事や趣味に集中してみる

習い事や趣味に没頭できる人は、その分ひとつのジャンルに精通することになりますよね。

あなたの周りにも、「このジャンルはあの人に聞けば分かる」という人が少なからずいるのではないでしょうか。そういう人は、魅力的に移りますし、周囲から一目おかれる存在になります。

今ある趣味で良いので、今まで何となくやっていたことを趣味にしてみてはいかがでしょうか?

また、時間に余裕があるのであれば、いろいろな習い事を始めることも一つの方法です。

TwitterやInstagramでも話題にすることができますし、自分の魅力を高める上でも効果があります。

 

5 デトックスを試してみる

「デトックス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

辞書的な意味合いでは、「デトックス」とは下記の通りです。

《detoxificationの略。解毒・浄化の意》体内の有毒物・老廃物を排出すること。健康法の一つとして、健康補助食品や食事法、運動法、入浴法などが紹介されている。

引用:デトックス – コトバンク

健康法のひとつとして、デトックスは食事や運動、入浴などいろいろなジャンルで紹介されることが多いです。

もちろん、効果が本当はないというものも少なくないため、きちんと見極めることが大切です。

デトックスは、ただ単に食生活に注意したり、エクササイズをしたりするよりも効果的な場面が多いため、外見を変えたいと思う人は、積極的に取り入れていくべきです。

 

6 交友関係を変えてみる

自分の内面に大きな変化をもたらすのが、「交友関係」「人間関係」です。たとえば、付き合う人が変わると、自分の考え方や生活態度も大きく変わりますよね。

つまり、自分が魅力的になるためには、交友関係を上手く変化させていくことも大切です。

特に、ネガティブな思考の人や批判的な人とずっと一緒にいると、どうしてもその雰囲気に自分がつられてしまうことが多いのです。

もちろん、すぐに交友関係を変えることは難しいので、少しずつ距離を置くなども考えるべきかもしれません。

 

7 お酒やお菓子を控えめにする

食事に気を遣うことでも触れましたが、「お酒」「お菓子」などは程よく楽しむことが良いとされていますよね。

つい飲みすぎたり、食べ過ぎたりしないように、自分で制限する量を決めておくことが大切です。

特に、お酒は飲み会の回数と比例して量が増えるため、周りに流されて飲む量が増えてしまうことが多いです。

飲み会を断ったり、美味しいものを我慢するのはいつでも大変なことですが、完全に辞めなければいけないわけではないため、上手に量を調整していきましょう。

 

自分磨きの方法・やり方|身だしなみ編

自分磨きの方法|身だしなみ編

外見からの自分磨きに近いものでもありますが、「身だしなみ」を整えることも自分磨きのひとつです。

持ち物や体のケア、掃除などいろいろな種類があるので、細かな部分から自分の生活を見直してみましょう。

1 部屋や持ち物の掃除・お手入れをする

部屋の掃除や持ち物のお手入れは、自分磨きの一環としてとても大切です。具体的な掃除・お手入れの例を下記でご紹介しています。

クローゼットやタンスの中身の整理整頓

クローゼットやタンスなど、自分以外は見えない部分を整理整頓しておくことは、自分磨きの一環になります。

他人から見える部分を優先的に変化させていくことは魅力を作る上で重要なのですが、自分磨きを徹底すればするほど、クローゼットの中身やデスクの上の整理はあなたの魅力に直結します。

 

カバンの中身の整理整頓

クローゼットやタンスと同じくらい、いつも持ち歩くもののムダを省いたり、必要なものの整理をしておいたりすることが重要です。

持ち物は、人の生活をすべて表しているといっても過言ではありません。まずは、ムダなものを持ち歩いていないかどうか、そして、キレイに使えているかどうかを気にしましょう。

 

アイロンがけ

ファッションに気を使ったり、メイクにこだわったりすることも大事ですが、そもそもの「清潔感」がなければ魅力は大きく減ってしまいます。

男性の場合でも、顔がカッコよくても不潔な服を着ているだけで悪い印象を持ちますよね。それと同じで、パリッとした服装をしているかどうかは、女性の場合でも大切です。

特に、仕事でいつも来ていく服装がある場合などは、アイロンがけを毎日の習慣にすると良いでしょう。

 

朝の支度時間を長くする

朝がいつもギリギリな人はたくさんいるのではないでしょうか?

たとえ、自分磨きの一環でいろいろなことにチャレンジしていても、いつもの平日に準備する時間がなければ、自分磨きの成果を出すことはできませんよね。

いつも起きている時間ではどうしてもギリギリになってしまっている…という人は、起床時間を30分〜1時間早くしてみるのはどうでしょうか?

その分、早く寝ることにも繋がりますので、体質や生活習慣の改善にも効果があるでしょう。

 

2 ムダ毛などの身だしなみを整える

「服さえ着ていれば問題ない」と考えてしまい、ムダ毛処理をサボっている人は結構いるのではないでしょうか。確かに、別に見せる機会が突然やってくるわけではないですから、あまり注意していない部分ではあると思います。

「人にどう見られるか?」という考え方だけで自分磨きをしていると、長続きしません。

通常、人には見られない外見まで気にしていること自体に満足感がなければ、「自分磨きをした」とは言えないのではないでしょうか。

ムダ毛処理の時間は必ず確保するようにしておきましょうね。

 

next ≫「やってはいけない自分磨きってどんなこと??」

スポンサードリンク


pairs2

pairs